認知症の予防に大切なポイントを抑えよう|楽しい老後

更年期を乗り切るために

大豆

更年期障害とは

40代になって原因不明の体調不良が続いたり、ちょっとのことで精神的にイライラしやすくなったりしたら、更年期障害になっている可能性が高くなります。更年期とは閉経を挟んだ前後10年間の期間のことで、日本人の場合は45才〜55才くらいが平均的です。この時期は女性ホルモンの活動が低下するので、ホルモンバランスが乱れて更年期障害になるのです。更年期障害は病院で積極的に治療をすれば、ある程度改善できます。病院ではピル、漢方、ホルモン補充療法、プラセンタ療法などの治療が受けられます。また、病院に行かなくても、市販のサプリメントを飲んで改善できる場合もあります。最近は更年期対策用の漢方系のサプリメントも沢山出回っています。

飲んで治す

更年期対策用のサプリといえば、イソフラボンがあります。イソフラボンは大豆加工食品に多く含まれている成分です。納豆や豆腐の味噌汁などを毎日食べている人なら、無意識にイソフラボンを摂取しています。イソフラボンには植物性エストロゲンが含まれていて、エストロゲンの働きを活性化する効果があります。なぜなら、女性ホルモンのエストロゲンに化学構造がよく似ているためです。更年期に少なくなったエストロゲンをイソフラボンで補うようにすれば、更年期障害が楽になります。イソフラボンのサプリメントは、比較的軽度の更年期障害に効果があります。イソフラボンを飲んでも改善の傾向が見られない場合は、病院で治療を受ける事をお勧めします。